妹の父を想う気持ちに寄り添いたい…

-お客様からのメッセージ-

【T様のコメント】

「自宅には仏壇があり、自分は日々、亡父の位牌に手を合わせることができますが、隣町に住む妹が、ときどき実家によるたびに仏壇に手を合わせる姿をみて、妹の住まいにも何か父を偲ぶものを置けたら、妹の父を想う気持ちに寄り添えるのにと思っていたこともあり、今回のサービスを知り勧めました。父のメガネをかけたら、父の面影が蘇った感じがしました。」


【妹様のコメント】

「父が身につけていたメガネやスーツを、クマさんがぎゅっとしてくれているようです。家を出る時、帰った時、ポンポンと頭を触っています。いつでも父に見守られている感じが、本当に嬉しいです^_^」


お写真も添えて頂きました。


お預かりしたスーツ。この想い出のあるスーツをぬい服へ

 

 

-ひなた工房からのメッセージ-

T様、コメントやお写真までいただき誠にありがとうございます。

妹さまを想ってぬい服を勧めてくださったとのこと。
妹さん思いのお兄様で、コメントを拝見して、わたくしたちも温かい気持ちになりました。


妹さま、コメントいただき誠にありがとうございます。
どうかこれからも語りかけてください。
きっと耳を傾けてくれていると思います。
これから新たにつくられる、いろとりどりの思い出もご一緒に過ごしていただけますように。

-------------------------------------------------------------

大正14年(1925)創業の歴史ある仏具店さんとグリーフワークの一環として、想いれのある洋服をぬいぐるみの服(ぬい服)やお着物をバッグやポーチなどの小物に作り変えてお手元にお届けしております。
(昨年末より、新たな取り組みとしてスタートいたしました。)

 ぬい服を手にされた皆さまより、
「面影が蘇った感じで身近に感じられる。」
「毎日語りかけています。いつでも見守られているようでうれしい」
などとお声をいただいております。


グリーフワークとは、人は皆、愛する人や身近な方とのお別れは、心に大怪我(キズ)を負ったやように悲しく辛い思いに駆られます。

そのキズを癒し、徐々に受け入れ、故人を、『新たな存在』として位置づけていくプロセスをグリーフワークといいます。

グリーフワークにつきまして、以下のブログで詳しく紹介しています。
ウェブマガジン わいがや倶楽部

グリーフワークの一助に繋がっていただければわたくしたちも幸いに存じます。

-------------------------------------------------------------


「ぬい服」商品ページ→

ブログに戻る

商品・サービスについてご不明な点や、ご相談などございましたら下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

店舗でもご相談・ご注文を承っております。
営業時間等詳細はこちらをご覧ください。

■ひなた工房 千曲(長野)
■ひなた工房 日本橋(東京)
■ひなた工房 双葉(福島)
■ひなた工房 天草(熊本)

お問い合わせ